NPO法人 フードバンクえひめは

格外食品の有効活用を推進するNPO(特定非営利活動)法人です

コンセプト(設立趣旨書より抜粋)

賞味・消費期限内であるにもかかわらず、包装の不具合や賞味期限が迫っている、季節商品である、などの理由から、コメの国内間生産量に匹敵する『可食廃棄食品』が大量発生しています(最大年間約800万トン/2011年,農水省推計)

 

この「食べられるのに捨てられてしまう」食べ物に新しい命を与え、有効に活用する活動が、「フードバンク」です。

 

NPO法人フードバンクえひめでは、地元の食品関連企業様のご協力を頂き、国内最初のフードバンクであるセカンドハーベスト・ジャパン様のご支援ご指導のもと、同活動を展開しております。

Update History


こちらのコーナーでは、当HPの更新情報をお知らせしています。

【2020年8月20日】

 Homeの構成を変更。"What's New"を削除し、内容を小カテゴリ"沿革"に移動。

 

【2018年12月7日】

役員紹介ページの内容を修正。

 

【8月18日】ページの記事内容と公開範囲を修正。

 

【7月7日】Home画面に

“Update History”

“What's New”

を表示し、カテゴリの“更新履歴”を削除。

 

【7月5日】サブカテゴリ“フードバンクによる食品ロス削減の取組と社会的効用”を新設。8ページ分の記事をUP。

 

【6月5日】中国四国農政局HPへの掲載開始とともに、ページの再構成を開始。

 

【3月13日】 構築途上ながら公開、記事投入を加速。

 

【2月23日】 Jimboにサイバースペースを確保、広告塔の設置を開始。

…………

【2014年】